コーギーは実は1種類ではない?

コーギーの特徴

実はコーギーという名前の付く犬種は一つではないのです。
特に日本でも爆発的に人気になったコーギーは「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」で、もう一つ「カーディガン・ウェルシュ・コーギー」という種類があるのです。
どちらも同じコーギーではあるのですが、違いもあります。
昔はどちらもまとめて「コーギー」といわれていたのですが、かなり見た目の違いなどもあることから今では別の犬種として登録されているのです。

ペンブロークもカーディガンも、性格はあまり違いがありません。牧畜犬として続いてきた犬種ですから動きは俊敏で活発、かわいらしい見た目とはイメージが少し違うと感じられる方もいらっしゃるでしょう。
ですがのんびり屋の一面もある、ちょっと不思議な性格のワンちゃんです。
ですから、運動量もそれなりに必要で、散歩は長めに、家の中でも何かと遊んであげられるようだと肥満も予防でき、満足してくれます。

コーギーは元気で活発なのにのんびり・・?

コーギーは手足が短くかわいらしい見た目で、被毛は短くファッションを楽しみやすい穏やかな犬種とも見れます。
ですが性格について考えると、牧畜犬出身とあって動くことも大好きですから、動きやすさを考えたファッションを選ぶことができればかわいらしい見た目と活発で元気のよい可愛さをどちらも邪魔することなく、お互いに楽しむこともできます。
ダックスほど細くもない体格ですから、ファッション選びにはコーギーの体格に合ったものを選ぶとよいでしょう。